ダンボール箱を使った収納

初めてひとり暮らしをする人など、家具の購入資金が足りない人を助けてくれる存在がダンボール箱です。

ダンボール箱情報が手に入ります。

引っ越しに使ったものや、実家に眠っているものなどを使えます。


さらにスーパーマーケットに置いてある不要なダンボール箱を集めると、大量に手に入ります。

もっとも簡単な活用法はただ、物を入れるだけです。
押入れなど見た目にこだわらないところはそれだけで収納可能です。
ダンボールは見た目のわりに強度が高いから、衣類などは目一杯に入れて積み重ねても問題ありません。



オフシーズンの衣類は乾燥剤や防虫剤とともにダンボール箱に入れて、押し入れにしまうのもいいでしょう。ただしカビや虫に対する対策が不十分であり、衣装ケースなどに比べると機能は劣ります。

商品名が大きく書かれたものを使用するのが恥ずかしいこともあるでしょう。

来客に見られる可能性がある場所は特にそのはずです。
そのときはダンボールの表面に色画用紙を貼るのがおすすめです。

100円均一でも売られている色画用紙を糊で貼るだけで、すっきりとした印象になります。

ダンボールの強度を高めたいならば、複数枚を貼り合わせる方法があります。

それをパーツにすると子供用の学習机と椅子などをつくることもできます。この工作方法がもっとも輝くのはオーダーメイドの収納づくりです。



流し下の排水管近くの収納や、マンションの柱近くなど規制品ではうまくはまらない場所でもぴったりのものを作れます。


インターネット上には設計図もありますから、探してみるのがおすすめです。