災害時に役立つダンボール箱

災害が発生した時には、思わぬアイテムが役立つことが多く見受けられます。そのため災害時に役立ちそうなものはできる限り保管しておくことが推奨されているのですが、その中の一つがダンボール箱です。ダンボール箱は頑丈であることに加えてある程度の厚みがあるので、簡易ベッドのように利用することができます。

ダンボール箱に関するマニアックな情報をお届けします。

複数重ねれば硬いところでも安心して横になることが可能ですし、布団代わりに重ねることで保温効果も期待できるのです。また冷たい床に寝転んだり座ると体力を奪われてしまうリスクがあるため、ベッドとしてだけではなく座布団や椅子の代わりに用いる方法もあります。



特に高齢者の場合は災害時に最も体力の消耗が激しくなるので、高齢者施設を中心にダンボール箱をある程度保管しておくことが望ましいです。ほかにもダンボール箱は災害発生時に、簡易トイレとして利用することもできます。
市販されている簡易トイレもあるのですが、多くの人たちが避難するような場所では数が足りなくなってしまうことも少なくありません。
ダンボール箱単体でも問題ありませんが、牛乳パックや大きめのゴミ袋なども追加することで、何回も利用できる簡易トイレを作ることが可能です。


さらにビニール袋と組み合わせることで大量の水を運ぶタンク代わりとしても活用できるなど、災害時に活躍してくれる便利グッズとなっています。

複数保管しても潰しておけば場所を取らないので、できる限り多く保管しておくことが推奨されています。